支配人挨拶

GREETING

支配人挨拶

支配人挨拶

はじめまして。ミラクルチェンジ劇場の支配人こうのめぐみです。
この「ミラクルチェンジ劇場」は、長年私があたためてきた夢をカタチにした場所です。半世紀を語ることになりますので、少し長くなりますが、ぜひお付き合いください。

昔からおしゃれが大好きだったわたしは、ファッションの専門学校に行き、その後はファッション雑誌に掲載されているスタイリングをするスタイリストになりたかったのです。しかし、編集部に入るためには大学卒業が条件でしたし、かなりの難関でしたので、その夢はすぐに破れました。

それで、当時専門学校卒業生を積極的に採用していこう、と決めた通信販売会社に、商品企画部として入社したのです。紙面上で洋服やアクセサリーなどを販売・仕入れするのが主な業務でした。

支配人挨拶中華

数年後その会社を退職し、その後は建築、住宅系の会社に勤め、CADで図面を描き、さらにインテリアコーディネーターとして、お施主様の奥様と一緒にご自宅の設備やキッチン廻り、各お部屋のコーディネートに関わり、とても楽しかったことを覚えています。その後関連会社への異動もあり、賃貸マンション管理や社宅管理などの事務系の仕事に関わることになります。そして、その後はプライベートな出来ごとが大きく影響し、再びファッションの仕事に戻ることになりました。

その仕事は「ショッピング同行」と呼ばれるものがメインで、お客様の目的を聞き、下見をおこなったうえで、当日は3時間以内でいくつものショップを廻り、スタイリングをしていく、というものでした。

雑誌のスタイリングの仕事とは異なりましたが、ようやくスタイリストとしての仕事を叶えることができました。ただ、スタイリングの仕事はできるようになっていましたが、もっと精神的なこと、女性の心の奥底にある、少女のころからの夢や憧れ、女優さんやモデルさんになってみたかった!味わいたかった!という人の夢を叶えることに携わりたくなりました。誰もが本来ご自身の中に「変身願望」や「美しくなりたい」「おしゃれが好き!」という気持ちが過去にあったはずです。ところが、独身のまま40代後半を迎えた女性はウェディングドレスを着ることもなく落ち込みムードが漂い、はたまた既婚女性も子育てを終えた50代の女性は、子育て中の忙しさからいつの間にか自分に手をかけることが出来なかったり、忘れたりでやはり自分をダメ出ししている人が多いのです。

支配人挨拶グラマー

「私だって本当は素敵に変身したい」「おしゃれが好きだったあの頃のように戻りたい」「痩せていて若かった頃に戻りたい」そんな気持ちになぜか蓋をしてしまっていた時期が長く続くと、どんどん負のスパイラルにはまっていきます。そこで、普通の人が「舞台」に立てる場所、「劇場」という名の場所を創りたかったのです。
実際、体型が崩れすぎるとおしゃれへのモチベーションが下がります。加齢というより体型の崩れで落ち込むことが多いのです。だから、写真で「盛る」「加工」して満足するのではなく、「素のままで美しくある」「シェイプアップして服を活き活き着こなせる」ことが必要不可欠であると思いました。
憧れのドレスを見ながらエクササイズに励むことは、同じ目的を持った女性同士、きっと一緒に頑張れる。ドレスをきれいに、素敵に着こなすには、どうしてもダイエットが必要な場合がある。そう考えたのです。
それを実現するには、まず「変身願望を満たす」ことから始めます。すると、どうしても自分の体型の欠点も浮き彫りになり、「こうありたい!」という欲求も強くなります。単に痩せたいと思っても目的がないから挫折してしまうのだと思います。
再びその人なりの「舞台」その箱である「劇場」があれば頑張れる。サイズがダウンすれば、おしゃれの選択肢も増え、確実におしゃれが楽しいものになるのは間違いありません。キラキラのドレスも、スリムなジーンズも似合うようになります。
お若いですね!と言われるようになります。そうすると、女性は笑顔になります。自分で自分の機嫌をよくすることが出来ます。人生を肯定的に捉えることが出来るようになります。家族も周りのご友人もきっとあなたの元気で明るいオーラに包まれて集まってきます。楽しいことをたくさんしたくなります。幸せをお裾分けしたくなります。そんな世界を創りたかったのです。

支配人挨拶こうのめぐみ

私はみなさんの夢を叶えるドリームコーディネーターです。
そのドレスや服はあなたの人生を輝かせるチカラがあります。
あなたはこの「ミラクルチェンジ劇場」で、女優さんにもモデルさんにもなれます。
その気持ちをそっと幕内から応援し、貴女を舞台へ送り出したいのです。
そんな体験をぜひ「ミラクルチェンジ劇場で体験してみてください。
新たな人生が始まる予感がしませんか?
人生の分岐点をいくつも経てきた貴女だからこそ、楽しめる場所が必要です。
そんな世界をぜひ味わってください。

会員登録
ログイン

TOP